2014年01月31日

英語の発音:語尾の「n」

英語のレッスンは大人の初心者の方と、
小・中学生向けのクラスをしています。
教えて行く中で、思うことがたくさんありますが、
これからは時々、そういう英語に関することも
書いて行こうと考えています。

今日は発音の話。発音には力を入れています。
通じればいいと思っていますが、やはり綺麗に発音できると
自分自身が楽しいので、気持ちいい英語が話せるように
お手伝いしています。

【英語の発音:語尾の「n」】
LとRの発音が苦手な人は多いですが、それ以上に耳がひっかかる気がするのは、
語尾のNを発音されない方が多いことです。
これはLとRの違いやTHの発音ほどは、
あまり学校などでも直されないように感じます。
たとえば、an apple は普通の早さで普通に発音すると an と apple がくっついて、
「あんなぽー」という感じに聞こえることが多いのですが、
多くの生徒さんは、日本語の「あん」のまま発音されるので
「あんあぽー」と聞こえます。
「あん」の「ん」のときに舌が口内のどこにもくっついてないからですね。
英語ではこういう場合、舌が一旦上の歯の裏あたりにつきます。
「なにぬねの」を発音する最初に舌のいるあたりの場所です。
そこに一旦くっついていると、そのあとにくる母音とも自然に繋がるので、
音をつなげて変化させると意識するより、
単純に「N」のときは舌を上の歯の裏につけるということだけを
注意すればいいのではないかと思います。
LとRやTHの音よりずっと簡単だと思うのですが・・・
posted by mintcafe at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。