2014年02月24日

英語の発音:リエゾン?

【英語の発音:リエゾン?】
前に投稿で書いた、an apple で
「n」が次の「a」の音とくっつくようなことを、
一般にリエゾンと言ったりするようですが、
正確にはリエゾンではなくアンシェヌマンだと思います。
どちらもフランス語の発音に関する言葉ですが、
リエゾンは、単独では発音されなかった音が、
次の母音により出てくるのに対して、
アンシェヌマンは一応発音されてた音が、
次の母音と繋がるということなので。
例:
>リエゾン:les amis (英語でthe friends(友だち(複数)
 「レ アミ」が「レザミ」になる。
 フランス語のlesの「s」は単独では発音されないが、
 後ろに母音が続くときには発音される。
>アンシェヌマン:une amie (英語でa friend(女友だち)
 「ユンヌ アミ」が「ユナミ」になる。
 「n」は元々単独でも一応発音されている。

ええっと、フランス語はよくわからないので、
間違ってたら教えて下さい。笑

とはいえ日本では、今はわりと
どちらもリエゾンと呼ばれることが多いみたいですね。
でもとにかく英語では、単語の最後の「n」は
その次に続くのが母音でなくても、全く発音されてないと
耳がひっかかってしまいます。
みなさん、語尾の「n」も発音して下さいね〜
posted by mintcafe at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。