2014年09月17日

マイディクショナリー

R0015332.jpg

フォニックスをやりながら、絵本もどんどん読んでいくと、
小学生でも1年くらいでスペリングと文字の関係がわかってきて
随分英語が読めるようになります。
間違ってもいいから、といってブロックなどで単語を作らせると、
間違いながらも大体書けるようになってきます。
中学で習うような文法は、低学年ではまだしませんが、
文字や音は、子ども達は興味津々で大好きなので、
どんどん教えていきます。
小さなノートで自分だけのマイディクショナリーも作ります。
文字も絵もすごくかわいくて、わたしがほしくなります。

R0015334.jpg R0015327.jpg

R0015330.jpg R0015331.jpg
posted by mintcafe at 00:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

小中学生の英語クラス

P1010067.jpg

英語のクラスは、現在中学生の個人レッスンを中心にやっています。
特に高校受験対策はしていませんが、英検受検、定期試験対策などは
その都度生徒さんに合わせたカリキュラムを作っています。

小学生のクラスは、学校での英語授業とは少し違うことをします。
小学校では現在、特に文字や読み書きを教えないようで
中学の勉強の先取りではなく、あくまでも英語に親しむことが主題です。
それには私も賛成で、無理に中学からの勉強を焦ってはじめたりせずに
ネイティブの先生とゲームや歌を通して
英語に親しみ好奇心を育てるというのはとてもいいと思っています。

にもかかわらず、うちの教室では読み・書き・フォニックスを結構やります。
それは私自身が発音というものが好きなこともありますが
小さな子たちは英語の文字に興味津々なことが多いのです。
現在の公立中では教えない筆記体など
受験や日常生活にどうしても必要なわけではないのですが、
子ども達にはかっこよく面白く見えるようで、
教えて教えて、とせがまれたりするのです。
そういう、知りたい気持ちは、すべてのはじまりだと思うので
レッスンの中に少し時間を作って書いたり読んだりを楽しんでいます。
スペリングに関しても同じで、フォニックスを繰り返しやるうちに
子ども達も音と文字との関係に気づくようになり
間違えながらも読み始め出すのです。
そして英語が読める!ということは、子ども達にとって自信に繋がり
ますます英語を覚えたい!という気持ちを
大きくしていくのを見てきました。
話せる楽しさと同じくらい、読める楽しさ、
書ける面白さっていうものがあると考えるので
中学の勉強をそのまま早く始めるというのではなく
新しい世界を開く扉のひとつとしての文字を教えていきたいと思っています。

小学生の英語クラス(プライベート〜4人くらいまで)
1回50分/月4回:個人レッスン8000円〜
        2人のセミプライベート6000円〜 
        3〜4人レッスン5000円〜
曜日・時間はご相談下さい。カウンセリング・ご相談無料。


※申し訳ないのですがただいま店の電話機の調子がよくありません。
 連絡はメールでお願いいたします。
 尚メールは、パソコンからのお返事が届くように設定しておいてください。
posted by mintcafe at 11:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

英語のカード

IMG_9261.JPG

小学生の英語のクラスでは手描きのカードを作りますが
時には、お子さんと一緒に描いて作ることもあります。
posted by mintcafe at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

英語の発音:リエゾン?

【英語の発音:リエゾン?】
前に投稿で書いた、an apple で
「n」が次の「a」の音とくっつくようなことを、
一般にリエゾンと言ったりするようですが、
正確にはリエゾンではなくアンシェヌマンだと思います。
どちらもフランス語の発音に関する言葉ですが、
リエゾンは、単独では発音されなかった音が、
次の母音により出てくるのに対して、
アンシェヌマンは一応発音されてた音が、
次の母音と繋がるということなので。
例:
>リエゾン:les amis (英語でthe friends(友だち(複数)
 「レ アミ」が「レザミ」になる。
 フランス語のlesの「s」は単独では発音されないが、
 後ろに母音が続くときには発音される。
>アンシェヌマン:une amie (英語でa friend(女友だち)
 「ユンヌ アミ」が「ユナミ」になる。
 「n」は元々単独でも一応発音されている。

ええっと、フランス語はよくわからないので、
間違ってたら教えて下さい。笑

とはいえ日本では、今はわりと
どちらもリエゾンと呼ばれることが多いみたいですね。
でもとにかく英語では、単語の最後の「n」は
その次に続くのが母音でなくても、全く発音されてないと
耳がひっかかってしまいます。
みなさん、語尾の「n」も発音して下さいね〜
posted by mintcafe at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

英語の発音:語尾の「n」

英語のレッスンは大人の初心者の方と、
小・中学生向けのクラスをしています。
教えて行く中で、思うことがたくさんありますが、
これからは時々、そういう英語に関することも
書いて行こうと考えています。

今日は発音の話。発音には力を入れています。
通じればいいと思っていますが、やはり綺麗に発音できると
自分自身が楽しいので、気持ちいい英語が話せるように
お手伝いしています。

【英語の発音:語尾の「n」】
LとRの発音が苦手な人は多いですが、それ以上に耳がひっかかる気がするのは、
語尾のNを発音されない方が多いことです。
これはLとRの違いやTHの発音ほどは、
あまり学校などでも直されないように感じます。
たとえば、an apple は普通の早さで普通に発音すると an と apple がくっついて、
「あんなぽー」という感じに聞こえることが多いのですが、
多くの生徒さんは、日本語の「あん」のまま発音されるので
「あんあぽー」と聞こえます。
「あん」の「ん」のときに舌が口内のどこにもくっついてないからですね。
英語ではこういう場合、舌が一旦上の歯の裏あたりにつきます。
「なにぬねの」を発音する最初に舌のいるあたりの場所です。
そこに一旦くっついていると、そのあとにくる母音とも自然に繋がるので、
音をつなげて変化させると意識するより、
単純に「N」のときは舌を上の歯の裏につけるということだけを
注意すればいいのではないかと思います。
LとRやTHの音よりずっと簡単だと思うのですが・・・
posted by mintcafe at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

観光英検

DSC_9257.JPG

大人の初心者の生徒さんは、大体
どの学生より熱心に勉強されています。

英検を受けてみたいけど3級だと子どもばかりで恥ずかしい、
TOEICは難しそうでこわい、とおっしゃるのですが、
資格試験を受けるのは、いい刺激になるし、やる気も出るので、
気楽にうけるといいと思います。
(もちろん試験と言うものがとにかくイヤで、
ストレスだと言う人は無理に受けない方がいいです・・・)

そこで生徒さん自ら探してきたのが「観光英検」
これならレベルもいくつかあるし、
中高生より大人の受験が多いだろうから恥ずかしくないかも、と
問題集を選んで頑張っています。
内容も、旅行や観光に絞ってあって、
海外旅行の時にも役立ちそうだし、
日本への観光客を助けることができるかもしれない、
オリンピックにはたくさんの人が海外から来るだろうから、
それまでにゆっくりじっくり英語力をつけたい!と、
意欲満々なので教える方も楽しくなってしまいます。

実はわたしは大人の資格試験はあまり意味がないし、
それだけで英語力ははかれないと思っているのですが、
これは確かに、大人の方にとっても、興味深く楽しめる内容で、
漠然と英語の勉強をするのでなく
目標がほしいという方にはぴったりだと思います。
楽しめる試験ですね。
勉強も、楽しめる、面白がれるということを一番に考えています。

特別に試験に特化した授業はしていないのですが、
勉強の仕方やポイントなどは教えさせていただき、
短い授業時間を少しでも無駄なく活用できるよう工夫しています。
家でできることは家で、教室ではここでしかできないことをする、
と言う方針で、1時間の授業で
3時間分の力をつけることを目指しています。

英語レッスン
大人プライベートレッスン:
週1回(50分レッスン)×4回/月・・・8000円
曜日の変更なども柔軟に対応しています。

※メールでのお問い合わせについては、
 パソコンから返信できない設定になっている場合が非常に多く
 そのままだとお返事が届きませんので、
 受け取れるよう設定変更しておいて下さると助かります。
posted by mintcafe at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

英語のクラス

FH000034.JPG

特に宣伝してこなかったのですが
カフェの開店以来、英語のクラスもずっとやっています。
現在は、小学生、中学生、高校生、大人と、
それぞれプライベートのクラスがメインですが
学生さんなら、2〜4人のセミプライベートのクラスも
効果的でお得だと思います。

プライベートなので、内容やカリキュラム、目的など
カウンセリングの上、それぞれに合わせて作らせていただいてます。
レッスンの日時や、都合の悪い時の振り替えレッスンも
柔軟に対応させていただいてます。
入会金などはいただいてませんので、お気軽に
とりあえずひと月試してみるということもできます。

講師はTOEIC925点、海外在住経験ありの店主がやっていますが
一番得意なのは、大人の初心者さんに英語を聴きとる力
英語のセンスをつけることと、
学生さんの英語力向上英検対策(〜2級)などかな、と思います。
小学生には、楽しいだけでなく、
英語の音や文字の面白さ楽しさに気づき
きれいな発音や、身に付く英語力をつけるレッスンをしています。

カウンセリングは無料でしますので
興味のある方はお気軽に連絡ください。
メールか、金曜日の店主がカフェをしている時にお越しいただければ
お話しできます。
posted by mintcafe at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。